お風呂場のカラリ床掃除!黒ずみ(黄ばみ)汚れを落とすにはこれ!

なん~で~こんな~に~汚いの~か~よ~♪

…どうも、ぼんすけです。

思わず「孫」のメロディーラインに乗せて歌ってしまう、なかなか落ちないお風呂の床の黒ずみ汚れ!

筆者の浴室の床は水はけのよい「カラリ床」で、翌日には床の水分が乾くというのがウリの床なのですが、この数年のうちに石鹸カスや人の皮脂などが混ざった黒ずみ(黄ばみ)汚れが蓄積し、床が乾かなくなってきました…。滑らないようにカラリ床の表面がザラザラしていて、そこに黒ずみ汚れが溜っちゃうんですよね。

しかもこの汚れ、普通のバスマジックリンなどで掃除してもなかなか落ちない!

キッチン用漂白剤も原液のまま流してみましたがまったく落ちない!カビキラーもお手上げだ!ネットでよく見る重曹とかも効きません。

一体何がこの黒ずみ汚れに効くのか?試してみました~

年末大掃除の際にでもお試しください(^^)

1.お風呂の床の黒ずみ汚れの原因

お風呂場の床の黒ずみ汚れの原因は、シャンプー石鹸などの成分が床に残ってしまったり、水垢、皮脂汚れ、黒カビなど。このうち床全面に残ってしまう汚れは皮脂汚れや石鹸カス汚れと考えられます。

他、浴室での汚れの種類を参考がてら箇条書きにしてみました。

お風呂場の汚れの種類

  1. ピンク色の汚れ…細菌が石鹸カスなどを栄養源に繁殖したもの
  2. 黒カビ…カビが石鹸カス、皮脂などを栄養源に繁殖したもの
  3. 洗面器などに付く白っぽいザラザラ…石鹸や皮脂が水道水の成分と反応して出来る
  4. 水垢…水道水中のケイ酸、カルシウム、マグネシウムなどが溜まったもの
床に残ってしまう皮脂汚れ、石鹸カス汚れは酸性の汚れであり、これが黒ずみ汚れの原因です。
酸性の汚れにはアルカリ性が効きますので、市販の洗剤で落とそうと思ったらアルカリ系の洗剤を用意しなければなりません。
そんなに酷くない汚れであれば、中性洗剤のバスマジックリンなどでも落ちます。

2.お風呂の床の黒ずみ汚れは「シール剥がし液」で落ちる!

お風呂場の床の黒ずみ汚れ、バスマジックリンでごしごしこすっても、重曹を振りかけても、キッチン漂白剤を原液のままかけてみましたが全然綺麗になりません。

そこでネットで検索をしてみると、なんと床の黄ばみ、黒ずみ汚れには「シール剥がし液」が効くという情報が!

家にちょうど使いかけがありましたので試してみることにします。

こんなシール剥がし液が汚れに効くの?と半信半疑で汚れにシュッとスプレーし、3分待ってゴシゴシとこすってみたところ…

お、落ちたー!画像の円内のタイル4個部分です。

あれだけしつこかった黒ずみ汚れが落ちました…。溝の中の汚れはまだ取り切れておりませんが。

その後もシュッシュとスプレーしてゴシゴシ掃除するを繰り返し、元の白いタイルが見えてきました。

シール剥がし液で床の黒ずみ汚れが落ちるというのは本当でした!

ですがこのシール剥がし液の匂いが結構キツイ…換気しててもオエッとくる匂いです。

そして気づいた裏面の注意書き。

「有機溶剤を含んでいて有害ですので、蒸気やガスを吸わないように十分注意してください」

…あー、思いっきり吸っちゃってた…だから頭クラクラするのね。

浴室床はまだまだ広い。

有害ガスを吸い込みながら掃除し続ける勇気はありませんでした。

ちょっとした汚れなどにはシール剥がし液で充分対応可能かと思いますが、広範囲だとちょっとしんどいかもしれません。容量も少ないしコスパ悪いしね。

そこで私は元に立ち返って、浴室用洗剤で黒ずみ汚れに効くものを探すことにしました。

3.市販の洗剤ならこれで劇的に綺麗に掃除できる!

浴室の黄ばみ、黒ずみ汚れに効く洗剤はねか~と近所のホームセンターをウロウロしていましたところ、見付けました。

リンレイの「ウルトラハードクリーナー バス用」アルカリ系の洗剤です。

容量は700mlでどしっと重さがあります。床全面にたっぷり使えそうだ!

特に目を引いたのが、商品に貼り付けられていた説明シールのこの部分

これこれ!うちの浴室この黒ずみ汚れなのよ~~!!

その汚れが使用後にはすっかり綺麗になっている写真が載っているではありませんか!

早速購入して浴室の床で試してみました。

シュッとスプレーをすると泡になって汚れを包み込む感じです。

10分後、ブラシでこすってみると…

ピカピカに!!

ブラシでこすっているときも、汚れが溶け出してくる感じで泡が茶色くなるんです。

それにシール剥がし液のときは結構力を入れてこすった感じだったのですが、これはあまり力が要りません。溝もすっかり綺麗になりました。

餅は餅屋とは言うように、やはり浴室の汚れにはそれに特化した洗剤を使えば一番キレイになるのですね…

注意※ブラシでこすらなくても綺麗になるのかな?と思い、スプレー後10分後にシャワーで流すだけにしてみたところ、黒ずみ汚れはあまり落ちませんでした。10分後にブラシでこすることは必須のようです。

by カエレバ

…言っておきますが私はリンレイの中の人ではありませんからね(笑)

ただ、浴槽の青ジミにも効く!ということで使ってみたのですが、これは効きませんでした。

まあ、床が真っ白になったのでそれは良しとします。

ということで市販の洗剤でお風呂場の床の黄ばみ、黒ずみ汚れを綺麗にしようと思うならリンレイの「ウルトラハードクリーナー バス用」おすすめです。

4.年末大掃除までに揃えたいお風呂掃除グッズ

お風呂場で年末の大掃除の際に綺麗にしたいのはやはり黒カビではないでしょうか。

特にタイルとタイルの間の目地や、扉などのゴムパッキン部分のしつこい黒カビ!

普通のカビハイターなどを使っても落とせない…

そんな強力な根を張った黒カビにはこちらのカビ取り洗剤がよく効くようです。

その名も「カビトルデスPRO」!!

by カエレバ

強力密着ジェルタイプなので流れ落ちず、強力にカビを綺麗にするようです。

こちらもただいま取り寄せ中ですので、届きましたら5年物の黒カビで試してみようかと思います。

※2017/12/20追記※お風呂場の黒カビ掃除を行いました。上記の洗剤の他、ネットでよく見る黒カビ掃除方法「酢水+重曹」、「ハイター+片栗粉」も試してどれが一番黒カビに効くかを試しています。記事はこちら↓

お風呂場のゴムパッキンとタイル目地の黒カビ!掃除方法を比較検討!

そして綺麗になったお風呂場をより長くその状態で保たせたいなら、こちらがおすすめです。

ルックおふろの防カビくん煙剤!!

これをお掃除後に使用すると、本当に1~2か月ピンク色のカビ、黒カビの発生が抑えられる感じです。

綺麗になったお風呂場におすすめです♪